きみがいないと この「まち」は はじまらない

こどもサミットin雄勝でミニヨコ市民が雄勝のこどもたちとこどものまち開催!

9月22日、ミニヨコ市会議員を中心に、こどもたち7名が、石巻市雄勝町に行き、こどもサミットin雄勝 に参加、当日参加の雄勝のこどもたちと一緒に、こどものまちを開きました。

朝いちばんの新幹線にのって、到着した子どもたちは疲れもみせず、到着と同時に、こどもサミットに元気に参加。雄勝町のこどもたちが、復興まちづくりのアイデアをまとめ、作った模型を見せながら発表するのを聞き、それに対して、ミニヨコの子どもたちがどのように思ったかについて意見を述べたり、さらにアイデアは?と質問されました。子どもたちは「自然を生かしたまちづくりはとてもすてき」と意見を述べ、横浜で雄勝の名産品を売ったらどうか?自然を生かしたまち、はきっと都会の人が訪れたいまちになるから、横浜と雄勝町の結ぶ観光船を出して、観光客にきてもらい、新たな産業にしては?などと意見を述べました。まちの復興について中学生や小学生が真剣に考えているのがわかり、これからもがんばって欲しいなとみんなで思いました。

そして終了後、こどものまちの準備を特急でしました!!
まずは、こどもたちの歌とダンスでまちがオープン。この日のために、都筑区のダンススクールに協力してもらい、ダンスを練習。短い期間でしたが、がんばって発表しました。地元の人たちも「歌はいいね~」「雄勝町の歌もつくって!」と言われ、うれしかったです。

それから、雄勝のこどもたちと一緒に短いけれど、とても楽しいまちをつくりました。こどものまちでは、役場、銀行、お仕事センター、こどものまちの学校、郵便局、写真館、ネイルショップ、フルーツポンチやさん、お絵かきクッキー、カフェ、だがしや、ゲームセンター、大人の悩み相談室、大人の学校が開かれました。
約50名程のこどもたちが、お仕事センターでお仕事をもらい、公共施設やお店で働いて、銀行でもらったこどものまちのお金で遊んだり、買い物したりして楽しく過ごしました。多い子は6回も職業を変えて楽しんでいました。
建築家の遠藤幹子さんデザインの、カラフルな黒板塗料で塗ったダンボールのキットのまちがあっという間に組み立てられ、夢のようなかわいいまちが、被災地の仮設商店街に生まれました。


大人の悩み相談室では、地域の大人の人たちからひっきりなしに相談があり、大変人気でした。大人の仕事に関する真剣な悩みや大人の髪の毛の悩みなど、幅広い悩みの相談があったそうです。大人の学校も満員で、熱心な大人の生徒さんが集まり、百崎くんのサイン入の大人の学校終了書をもらって楽しんでいました。
日頃仮設住宅で大きな声を出せないというストレスをここで一気に開放してもらおうと、「大声大会」も開催されました。これは雄勝町の女の子のアイデアを実現させたものです。こどもたちに混じって、口出し禁止マスクをつけた大人も参加しました。優勝したのは97db出した男の子で、一等賞には横浜名物崎陽軒の真空パックシウマイをプレゼントしました!

その日は、雄勝町の釣り宿に泊まりました。なにしろ、お魚や貝類がおいしい!!お米も美味しいので、たくさん食べました。こどもたちはなかなか寝ない!楽しい夜を過ごしました。

次の日は、女川町のさんま祭りを見学。すごい雨の中、炭火で焼いたさんまを堪能。きぼうの鐘商店街でお茶してから、石巻市の中心部へ。石巻と横浜をつなぐ文化芸術の交流拠点として、今年3月、石巻の中心部に開設された日和アートセンターやIRORI石巻にもより、見学したりお話を聞いたりしました。
 

帰りにお土産やさんのかまぼこやさんについたら、なんと徳光さんと遭遇。ミニヨコ市民はさっそくミニヨコの紹介をしながら市会議員の名刺を渡し、写真を一緒にとってもらいました。

そして石巻をあとにし、仙台に車で移動。途中渋滞していたので、横浜についたらもう23時となってしまいました。でも子どもたちは元気元気。新幹線の中でもみんなでおべんとうを食べ、楽しく過ごしました。

こどもたち、はじめて東北でこどものまちを開くの巻はひとまず終了しました。

こどもサミットin 雄勝の地元関係者のみなさま、震災リゲインのみなさま、そしてワクワクキットをつくってくれたお遠藤幹子さんとオフィスのスタッフのみなさま、ありがとう。
参加してくれた現地のこどもたち、みんな、ありがとう!!

雄勝町のこどものまちの写真は渡辺一城さんが撮影してくれました、ありがとう!!

イベントのようすがブログにアップされていました。
http://ogatsu.mfun.jp/?p=1908

ここには写真がたくさん!
http://www.facebook.com/media/set/?set=a.387215828018166.90759.293230430750040&type=3

サミットでの発表のようすが
http://www.youtube.com/watch?v=0zoZw3YmQw8&feature=youtu.be

震災リゲイン(ミニヨコと雄勝をつないでくれました!)
http://shinsairegain.jp/

雄勝町店こ屋商店街(こどものまちがオープンした現場)
http://ogatsu.info/tanakoya.html

日和アートセンター
http://hiyoriartcenter.com/

石巻2.0
http://ishinomaki2.com/category/project2/openishinomaki/

office mikiko 遠藤幹子一級建築事務所
http://www.officemikiko.com/

渡辺一城(同行してくれたカメラマンさん)
http://www.shinogo45.com/

NPO法人白鳥学園(ダンスギャラリーシグネットさんにダンスのレッスンしてもらいました)
http://cygnet.or.jp/

このイベントは、日本郵便の年賀寄付金の助成を受けて実施しています。

多くの団体の方に支援いただいています!!

特別協力:
・トライウォールジャパン株式会社 (段ボール加工、半額お値引き)
http://www.tri-wall.co.jp/
・にしすがも創造舎 (制作場所の無料提供)
・(株)FREEing
http://www.freeing.co.jp/
・一般社団法人トモノテ(現地コーディネート)
こどもサミットin雄勝******************
主催:雄勝おがつ復興市実行委員会(お問い合わせ:0225-57-307762-3161)
協力:NPO法人ミニ子育て支援アシスト・エフワン/南三陸観光バス㈱/石巻市立雄勝小学校
/石巻市立大須小学校/石巻市立船越小学校/石巻市立雄勝中学校/石巻市立大須中学校/一般社団法人震災リゲイン/遠藤幹子office mikiko 一級建築士事務所/株式会社FREEing/NPO法人ミニシティ・プラス/一般社団法人トモノテ/

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

過去の記事
株式会社FREEing

NPO法人ミニシティ・プラスは、横浜市市民活動推進基金「よこはま夢ファンド」を通して、株式会社FREEingに活動を支援していただいています。