ミニシティ・プラス公式サイト

きみがいないと この「まち」は はじまらない

子どもたちが主体的に運営する防災キャンプ・参加者募集

〜子ども達が避難所受け入れ職員となり、大人のみなさまを受け入れます〜

このプロジェクトを通して、いざというときに自分の身を自分で守れるこどもたち(自助)を育て
被災時こどもでも出来ること(共助)について考え、地域の防災に活かしていきます!

2015年10月11日10時〜12日14時まで
よこはま市民防災憲章には「子どもたちの力も借りて、一緒に拠点運営を行います」「子どもたちに、大地震から身を守るための知恵と技術、そして助け合うことの大切さを教えます」とうたわれています。 地域で暮らすこどもたちは、いざというときに大人達と力を合わせて「自助」「共助」の役割を果たしていくことができる力があるはず・・・。
今年5月にNPO主催の東北大震災現地視察ツアーに出かけ、各地でのこどもたちの活躍や役割がどうだったかを体感してきた子どもたちに、横浜市立大学の防災まちづくりを専門とする教員が参加し、「横浜市大教員地域貢献事業(地の拠点事業)」として6〜9月まで、防災まちづくりや災害対応のワークショップを計4回実施してきました。その一環として、今回はじめて宿泊を伴う防災キャンプを実施し、今まで得た知識や経験を活かして、実際の災害時直後から数週間の避難所運営と復興まちづくり活動の模擬訓練を行い、子ども達が災害時に担う役割やその可能性についての実証実験とします。当日は、子ども達が地域役員や行政担当者の役割を担い、主体的に受け入れ側となり、一般市民役の大人のみなさんと避難所運営を行います。
ぜひ、この子ども達が主体となる、防災訓練の実験にご参加ください!!

参加条件 横浜市在住在勤の方。おこさまは小学5年生までは保護者同伴。
この事業に関心の高い大人の見学も歓迎します。

主催:平成27年度横浜市立大学 地(知)の拠点整備事業(COC事業)教員地域貢献事業「地域で防災活動を担う青少年育成及び、彼らの視点を生かした参加型防災プログラムの構築」
(代表:石川永子准教授) 協力:NPO法人ミニシティ・プラス2日間通し2000円(食費実費1食500円、宿泊毛布レンタル代含む)参加費用

スケジュール
10月11日
10時~ オリエンテーション 手作り地震計製作講座
13時~ 防災キャンプ作戦会議
15時~ 避難所受入・運営訓練ワークショップ
17時~ 避難所運営ワークショップ(ランプづくり・夕食・宿泊準備ゲームなど)
20時~ 復興まちづくりワークショップ1(避難所で、地域の復興まちづくりを考える)

10月12日  … 続きを読む

シニアシティヨコハマ&ミニヨコ夏祭りを行います!

シニアシティヨコハマ&ミニヨコ夏祭りチラシ

こどもたちが、大人をおもてなしします!!

19才のころ、大人(シニア)になる前の似顔絵を描いてくれる似顔絵描きやさんもあります!

こどもたちによる、大人の学校、本格的な悩み相談室などの他、夏祭りてきな催しも行います。
お化け屋敷なども企画しています。

東北ツアー報告会を行いました!

今年5月のゴールデンウィークの東北研修ツアーの報告会を行いました。
発表するこどもも含め50名もの方に来ていただき、大盛況でした。
DSCF2543

今回のツアーは、自分達の地域のまちの防災を考えるための第一歩として、東北の人たちのお話を聞き、勉強するために計画しました。今回のツアーでは、現地を効率よく動き、たくさんの場所がまわることができるための貸し切りバス代をローカルグッドヨコハマでのクラウドファンディングにより、53名もの方々に応援いただきました。
https://cf.yokohama.localgood.jp/project/juniorsurvivalworkshop
また、ツアーの一部をよこはま夢ファンドを通して、株式会社FREEing(フリーイング)さんに支援いただきました。
本当にありがとうございました。

発表内容ダイジェスト・・・
続きを読む

東北ツアーにいってきます!

ミニヨコ、ジュニア編集局の子どもたちと一緒に東北ツアーにいってきます。
詳しくはローカルグットのページをぜひご覧ください。

「サバイバルジュニアワークショップ」実施のための、
子どもたちによる東北被災地取材ツアー
http://bit.ly/minicityplus

取材をしっかりしたものにするための取材シートをつくりました。
参加はこども23名、大人6名です!
がんばっていってきま〜〜す。

syuzaisheet

過去の記事

株式会社FREEing

NPO法人ミニシティ・プラスは、横浜市市民活動推進基金「よこはま夢ファンド」を通して、株式会社FREEingに活動を支援していただいています。