きみがいないと この「まち」は はじまらない

mini-yoko

12月26日会議とパーティしました!


12月26日(日)ミニヨコ会議と一日遅れのクリスマスパーティをしました。
この日は、同じ法人(ミニシティ・プラス)で行っている「つづきジュニア編集局」の会議を同時に行いました。
ジュニア記者とミニヨコ市民の両方に参加している人もいます。

この日は、ジュニア記者13名とミニヨコ市民41名合わせて、54名が会議のあと一緒にパーティをしました。
東京都市大の学生さん他、大人スタッフも合わせると70名近くなっていたと思います。

また、ミニさがみはらを初めて開催するというミニさがみはら市民のこどもたちが、ミニヨコに遊びにきてくれて、一緒に交流しました。ミニさがみはら、いってみたいですね~~。


会議では、1月16日に行う、「ミニミニヨコハマシティ in あいたい」をどんなふうに行うか?
3月のミニヨコをどうするか?について話し合いました。

会議のあとはパーティです!
いろんなゲームをしたり、自己紹介カードをつくって交換したり。。。
こどもたちは交流が得意です!!
「ミニヨコ最高!」という歌も歌いました。


つづきジュニア編集局のブログもみてね!
http://webtown-yokohama.com/junior/

12月26日に会議&交流パーティをします!


ミニヨコなみなさま、12月になりましたね。

12月26日につづきジュニア編集局といっしょの交流パーティが行われます。
まずは、13時~14時半ごろまで、ミニヨコはミニヨコで、ジュニア編集局はジュニア編集局で会議を行います。
どっちにも参加してる人はどうする?って? どっちも意見を出す会議なので、両方にポストイット貼れるようにしましょう。がんばろう。

で終了後、ミニヨコ&つづきジュニア編集局と合同でクリスマス終了後のクリスマスパーティがあります。

参加する人は、ひとり1品お菓子をもってきましょう。ちいさいお菓子でいいよ~。
飲み物は用意しますが、マイカップをもってきてくださいね~。

★会議&交流パーティ
日時:12月26日13時~16時ごろまで
場所:東京都市大4号館2Fカフェ
もちもの:おやつ1品、マイカップ、筆記用具

ということで、多くの参加をお待ちしてます!!

11月10日川崎市多摩区で講座の講師をしました!


川崎市多摩区から、青少年指導員の方々に対して「青少年に対する接し方」や「青少年が参加したくなるイベントの手法」などについて、講座をしてほしいと依頼があり、元ミニヨコ市長三浦さんと、元?ミニヨコ市議会議長中さんと3人で行ってきました。

私(岩室)はお隣の川崎市高津区にすんでいたのでこの地に愛着があります。

さて、講演会をと言われたのですが、そこはやはり私たちの得意なワークショップでいいですか?と提案し、OKをもらったのでワークショップ方式で行いました。

まず、最初にアイスブレイク。
自分のこどもの頃を思い出すきっかけとして、名札にこどもの頃のあだ名を書いてもらいました。
各自書いてもらうとしーんとしてしまうので、向かい合った席の方にインタビューしながら書いてもらいました。

なんとこの会の会長さんは「大統領」というあだなだったとか。
他にも区役所の職員は名前が「ケンタ」だったのでケンタッキー→「カーネル」と呼ばれていたらしい、などみんなでわいわい。

そのあと、私からミニヨコの活動についてお話ししました。

次のお題は「こどものころ大人に言われていやだったこと」「こどものころ大人にいわれてうれしかったこと」などを思いだしてポストイットに書いてもらいましたが、これがなかなか・・・みんなう~~ん、なんにも覚えていない!と苦戦。でもぽつぽつでてきました。大人なのにこども扱いされたり、こどもなのに大人扱いされたり、そんな自分の立ち位置に関する不満があった、という方もいました。宿題やテストでほめられた方もいました。青少年と接するときに、自分がティーンのときどうだったかな?と思いだしながら接すると、大人目線になるだけでなくてよいのでは?などと話しました。

さて、次は青少年が参加したくなる、イベントの考え方について。
青少年だけでなく、イベントを企画するときにぜひ考えてほしいことについてのポイントを話しました。
イベントを組み立てるときには、自分自身が絶対に来たくなるイベント、楽しめるイベントじゃないとだめ、ターゲット、目的をはっきり決めて、わかりやすく組み立てることも大切、と話しました。イベントには来たくなる理由がいくつも必要なんです。絶対に行かなくちゃと思わせるイベントをぜひ組み立ててほしいですね。

毎回同じだってわかってしまってると、今年いけなくて来年いこう、今回いけなくても次回でいいやってことになり、なかなか足が向きません。なにかトピックがあるといいのかなと思います。

その上で青少年を巻き込んでイベントをかんがえたら?地域の資源をうまく利用したら?人手が足りないなら、まず準備するところから来た人が参加するイベントにしちゃったら?などとヒントをお話してワークショップしてもらいました。

グループには、中さんや三浦さん、私も入って話しました。

最後にグループで発表してもらうと、
「こどもたちにイベントのポスターを書いてもらうといい」
「イベントの受付やコンサートの司会なんかも頼んじゃったら?」
「今日やったようなワークショップの手法(ポストイットを使うなど)はこどもたちの会議にもつかえるとおもった」
「ハロウィンのイベントにお菓子を出したいけど、商店街やお菓子工場に協賛してもらえないか、工夫したい」
などなどいろいろなアイデアがでました。

いろいろ今後役立ってくれるといいな~と思います。
最後に中絢音さんが泣かせるコメントをしてくれました。
「大人の人たちが青少年について真剣に考えてくれると知ってうれしかったです」

私は、なんにもやって!といってないのに、ホワイトボードに記述していったり、ポストイットを分けていったり、自分からワークのテーブルに入っていったり。。。それがすごいな、さすがミニヨコ出身だ!と感動しました。役に立つよ~~。

帰りに昔のなじみのお店で3人で食事しました。
スパイスハウス

11月14日ミニヨコ会議しました!


毎月行っているミニヨコ会議、10月はお休みし、11月14日にひさしぶりに行いました。

今回は3月のミニヨコに向けて、準備をする運営委員をどうやって増やそう?
そのための呼びかけチラシはどんなデザインやキャッチコピーにしよう、などを話し合いました。
チラシはどこに配る?そしてプロモーションの方法はある?など。

そして12月26日に行う予定のジュニア記者との合同のクリスマス会についてどんなことをしたいか?を話し合いました。次回は、12月26日13時~東京都市大の4号館カフェで行います。

最後に3月のミニヨコでやってみたいことを出して大人に相談する、などをしました。


はじめて来る人も、大歓迎のミニヨコです。
ぜひぜひ遊びにきてね~~。

日独学生青年リーダー交流

こんばんは。

あやねです。

私は、9月14日~28日まで
文部科学省主催の日独学生青年リーダー交流
に参加し、日本団員のメンバーとしてドイツに行ってきました。

この事業の応募条件は、普段ボランティア活動等で
リーダーとして活動している大学生以上・・・

日本全国から集まった18人の学生リーダーと一緒に、
「若者の社会参画」、「リーダーの質を高める」
というテーマにそって、様々な施設や団体を訪問してきました!!

参加した動機は、
・ドイツに行きたかった!!!・・笑
・ミニヨコで活動していく上で、リーダーとして
 自分のできることの幅を広げたかったから。
・ボランティアや市民活動への援助が進んでいる
 ドイツの真相を知りたかったから
というこれらの事からでした。

訪問した施設・行ってきたことを少し紹介します!
・州の青少年連合に勤めている方から、
 ドイツのボランティアに対する考え方・支援などの講義。
・ドイツ団との2泊3日の合宿を通して差別・偏見についてのディスカッション。
・強制収容所訪問。
・青少年施設訪問。
 →サッカークラブ・児童館・家庭状況の良くない子供のための施設
などなどです。
・ドイツ人家庭にホームステイ

ドイツには、徴兵制という制度があり、それを拒否することもできます。
(徴兵制は来年?!辺りから、一時停止になるそうですが・・・)
拒否した場合、1年間ボランティア活動に従事しなくてはなりません。
嫌々やってるのだろう・・・と私は思っていましたが、
私が出会った人は、どの人も強い信念をもって、なおかつかなり楽しんで
ボランティアをしているという印象を受けました。素敵ですね!!
この詳細はいつか話せたら・・・・

全国から集まった日本団・18人とお互いよく知らないのに・・
ドイツで、しかも2週間も毎日一緒にいると色々ありました!笑

こういうようなグループや団体でいる以上、嫌いな人を避けてばかりでは… 続きを読む

1 2 3 45
ミニヨコハマシティ新着
過去の記事
株式会社FREEing

NPO法人ミニシティ・プラスは、横浜市市民活動推進基金「よこはま夢ファンド」を通して、株式会社FREEingに活動を支援していただいています。