中田市長を訪問!


昨日、ミニヨコハマシティの高校生市長と幹部が今週末のイベントへのビデオメッセージ収録のために中田市長を訪問しました。

収録したビデオメッセージは、ミニヨコ会場で随時放映します!
ミニヨコ市長 三浦絢佳(高1)
ミニヨコTMC代表 中絢音(高2)
撮影 武蔵工業大学 宮口さん

市長からのメッセージ要旨

  • まちづくり、ルールを自分たちでつくるということは、ルールの本来持つ意味から考えること。だからとても大切ですばらしいことだ。
  • 横浜市長としてミニヨコ市長へのアドバイスがあれば、という質問に対して、
    10人いたら十人十色というほどそれぞれが違っている、願いも違う、それはいいことなのだけれど、10人いたら100以上の願いがでる、だから市民の要望のすべてをかなえるのはむずかしい。
    自分が横浜市長として大切にしているのは、長い目で見た政策ということ。目の前のことだけでなく、先を見据えて考えるということを大切にしている。
  • 私たちはミニヨコを日本でいちばんいいまちにしたいと思っているが、横浜以外の他都市についてどう思うか?という質問に対して、
    もちろん自分の横浜をいちばんいいまちにしたい、でも他都市との比較ではない。それぞれまちには個性がある、その特性をよく知って、充分活かしていくことが大切。
  • 最後にミニヨコ市民のみんなへ・・・
    こどものうちから社会を考えるということはとても役に立つこと。今は楽しく遊びながらまちづくりを楽しんでいるだけのように思えても、かならず大人になったときに役に立つときが来ると思う。まちづくりを楽しんでください!

こどもたちの感想は
「ホンモノの市長はやっぱりカッコイイ!」
こどもたちの質問に、間髪をおかず明快に回答する姿勢に感激したようです。
どんなことでもためらいなく自分の言葉ですらすらと語りかける中田市長の姿は、こどもたちの心に響くものがあったのでしょう。
「表現力」
これはミニヨコが大切にしているテーマの一つでもあります。

「ミニヨコハマシティ」は、今週末です。
ぜひ、遊びに来てください!!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
『19才以下の未成年がつくる大人口出し禁止のまち「ミニヨコハマシティ」』
見学・視察 ご案内
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★2008.3.25★☆★

19才以下の男の子、女の子がつくる・あそぶ・はたらくまち「ミニヨコハマシティ」が今年も横浜市内の住宅展示施設「ハウスクエア横浜」に生まれます。
ぜひ、みなさまもこどもたちとワクワク体験を共有しにいらしてください!

《1日目》 3月29日(土)10:00~16:00
開店準備、まちのオープン、市長立候補者の立会演説会等
《2日目》 3月30日(日)10:00~16:00
まちやお店の運営、音楽ステージ 等
《3日目》 3月31日(月)10:00~15:00
市長選開票、市長所信表明演説、全員参加のパーティ等

■会場 横浜市都筑区 市営地下鉄中川駅下車すぐ
「ハウスクエア横浜」http://www.housquare.co.jp/

■今年のミニヨコ、一部紹介・・・
銀行、警察、放送局、新聞社、スイーツショップ、カフェ、遊園地、保育園、ベロタクシーツアー、おしゃれなゴミステーション、選挙管理委員会・・・
大人の方には、こどもが答える悩み相談所、住宅展示場めぐるツアーなど。また、市民広場のある市役所や、看板建築商店街も出現します!

■当日入場料
こども 100円(保険料として)
大 人 300円(ガスパッチョカフェ・大人のレストハウス利用券つき)
〔大人口出し禁止のため、こどもゾーン入場には時間など大人制限があります〕

☆★【告知!】「ミニヨコノキセキトミライ」大人説明会&ガイドツアー☆★

ミニヨコに興味と関心を持ってご来場になった皆さんに向けて、ミニヨコ当日に説明会と見学ガイドツアーを実施します。ミニヨコの「ヒミツ」がわかるかも??
ガイドツアーはこどもたちのお仕事でもあります。是非ご参加ください。

☆日 時(計4回)
29日 14:30~
30日 11:00~ ,14:30~
31日 11:00~

☆定 員 各回20名程度
☆受 付 当日各回開始5分前から説明会場で受付けます
☆会 場 ハウスクエア横浜 住まいの情報館2F
☆参加費 資料代500円

☆内容(全体で30~40分程度)
1.主催者あいさつ
2.ミニヨコのキセキ(これまでのミニヨコ)
3.今年のミニヨコ、みどころ解説
4.ミニヨコのミライ(これからのミニヨコ)
5.質疑応答
6.こどもツアコンによるミニヨコツアー
(大人が入れないところにも入れるかも??!!)

■事業の目的
19才以下のこども・青少年が主体性と創造性を持って自分たちの「まち」をつくっていくという社会的体験の場を通し、地域の将来を担う存在としてまちの中で健全に育成し、将来の社会参加をスムーズにしていくことを目的とする。また、それにかかわる大人たちが「まちづくり」について、「地域の中での自分たちの果たす役割」について、こどもたちと共に考え、まちづくりに役立てていく力とすることを目的とする。
■事業の概要
ドイツで20年以上の歴史を持つ「ミニミュンヘン」をモデルに、こども・青少年が遊びながら、主体的にまちをつくり、仕事体験をする疑似社会体験のイベント。横浜市営地下鉄中川駅徒歩3分の住宅展示場、ハウスクエア横浜で行う。2007年3月のイベント開催で選ばれた市長(現在高校1年生)を中心に月1~2回のペースで会議、講座、イベントなどを行い、まちや仕事についての体験を重ねてきた。今回のために新たに運営市民を募集し、1月から新しいまちオープンの準備をはじめている。
◆昨年のようすはこちら
http://www1.tmtv.ne.jp/~ivtuzuki/history2007/miniyoko/
◇現在のようすのブログはこちら
http://miniyokoha.exblog.jp/

■主催等
主催 NPO法人 I Love つづき  ミニヨコハマシティ研究会

共催 ハウスクエア横浜
後援 都筑区役所 こども環境学会
協力 東京ガス、武蔵工業大学環境情報学部 都筑消防署他
JTの青少年育成に関するNPO助成事業で行っています。

◇問合せ ilovetuzuki@tmtv.ne.jp FAX : 045-306-9004

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です