子ども環境学会千葉大会

トークセッションに千葉まで行ってきました。
タイトルは「こどものまちとこどものちから」。ミニさくら、ミニいちかわ、イッツアスモールチバタウン、ミニヨコハマシティの、4つの街を運営する市民が集まりました。

 

なにが出るかな・・・?サイコロトーク!

 

司会はさくらのかなちゃん。
みっちゃん、ゆう、さとぴーの、さくらは4人。

 

まず出た目は「自分の生活環境で変わってほしいところ」
集団で遊ぶ環境が無くなっている・・・という印象をみんな持っているようですね。

 

いちかわは、もえ、めぐ、唯一の男子のまっちゃんの3人。
「自分のこどものまちの改善したいところ」では、まっちゃんのユニークな提案に議論沸騰!

 

この千葉大会で生まれたこどものまち「イッツアスモールチバタウン」からは、のっち と しげの二人。
はじめてのこどものまち体験は、とっても刺激的だったみたいですね。

 

そしてミニヨコからは、ややか市長と、まさえんぬ副市長、あかりん副市長の3人。

 

こどものまちに関わって楽しかったこと・・・では、みんな、自分やまわりのこどもたちが成長する姿をみるのが楽しいんだって。
私たちおとなと視点が全く一緒だと驚きました。

 

「自分のこどものまちの自慢」でも、みんな楽しそうに話し合って発表していました。

 

さいごにややか市長から8月のミニヨコ参加の呼びかけをしました。

 

みんなで記念撮影。
8月にみんなで大桟橋で会いましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です